あなたの味方アフターピル

アフターピルは望まない妊娠を避けるための緊急避妊薬で、性犯罪など強要された性行為にも対応できるスーパーマンのような存在です。常備持っておくといざという時の為に大変便利です。

避妊の大切さとアフターピルの使い方

望まない妊娠を避けるために作られたもの、それがアフターピル、緊急避妊薬と呼ばれるものです。避妊具(コンドーム)を使用していたにも関わらず破損していたり、欲求に負けて避妊をしなかった場合、次の生理が来るまで不安な毎日を過ごさなければなりません。そんなとき、緊急対策として使用するのがアフターピルです。アフターピルは2種類に分けられます。中用量ピルであるプラノバール錠とノルレボ錠です。副作用、使い方もそれぞれ異なります。まずプラノバール錠ですが、これは中用量ピルを転用したものです。使い方としては避妊失敗されたと思われる行為から72時間以内に2錠服用し、その後12時間経過したのちにもう2錠服用します。注意点として2回目の服用を忘れないようにしなければなりません。また、摂取する女性ホルモンの量も多いため、副作用も強いです。主に吐き気を起こすことが多いので予め吐き気止めを処方されることもあります。次にノルレボ錠です。プラノバール錠に比べ、吐き気、嘔吐などの副作用が少なく避妊効果も良くなっています。使い方も、心配な行為から72時間以内に2錠服用するので飲み忘れないようにする心配がありません。どちらも行為からの時間が早ければ早いほどよいと言われています。妊娠が回避できたかどうかはその後の出血でわかります。だいたい3週間以内に生理のように数日続く出血があれば避妊成功となります。生理予定日を1週間過ぎても出血がない場合は妊娠の有無を確認する必要があります。アフターピルは避妊薬として高い効果が期待出来ます。しかし、絶対に妊娠を回避できるわけではありません。あくまで最後の手段とし考え、妊娠を回避したい場合には、行為の際の避妊対策に万全を期するのが1番重要だということを忘れないようにしましょう